バカラ プロ 賭け方

Scideam Ver.2.8 リリース

2023年11月28日
電源パワエレ向け高速回路シミュレータScideam(サイディーム)は2023年11月28日に、Ver.2.8をリリースいたしました。
ぜひ、最新版のScideamをご利用くださいませ。

【Scideam Ver.2.8の特長】

◆GaNとSiC素子の追加
GaNとSiCに対応した素子が追加されました。これにより高性能な電源回路解析が可能となります。GaN素子とSiC素子にはそれぞれケルビンソース端子が備わったタイプも用意されており、寄生インダクタンスを考慮した損失改善アプローチの検討が可能です。
 
FET型番からパラメータをインポート
従来手作業でデータシートから入力していたFETのパラメータですが、型番を指定することで素早く入力できるようになりました。バージョン2.8では Infineon Technologies製:904種類と、Rohm製:479種類の合計1,383種類のFETを取り揃えました。
 
フットプリント削減
ソフトウェア構成の見直しにより、フットプリントが大幅に削減されました。インストーラのサイズが約140MB削減され、さらに起動時のメモリ消費量も削減されました。
 
Scideam Ver.2.8の詳細はこちら

 

-Scideamを新規にご利用のお客様-
SELサポートセンターにてアカウントを作成ください。すぐにダウンロード可能で、Power Paletteなどを含むScideamをフルパッケージで30日間評価いただけます。ぜひお試しください。
新規 ダウンロードはこちら